FC2ブログ
2013年3月11日

東日本大震災から2年がたちました。
早いと思うのかまだ2年と思うのか・・・・・


記録用なのでスルーしてくださいね。

朝からいつも聞いているJ-waveで大震災についてのレポートを聞いていて
現在も仮設で生活をされている方の言葉で「忘れられるのが一番辛い・・・」
他にもたくさんの言葉を心に秘められていると思いますが・・・・

あの時のあなたは何をしていて、どう感じたか・・・・・を語ることによって少しでも被災された方々の心に添えるのではないでしょうか?
というDJの問いかけに、たくさんのリスナーさんがコメントされていました。


ふと私も…………忘れてはいないが、当時に比べ大震災について考えること話すことは減っています。
いま………もう一度、あの時の気持ちを忘れないように記録します。

我が家の…あの時、長男は小学校で次男は幼稚園にいました。
主人は都内勤務、私は外出中……………

えっ?何?なんの音?ゴォオオオオオオと地響きの後に信じられない横揺れがきて、立っているのがやっとの状況でした。
阪神大震災も経験した私ですが、あの時の縦揺れとはまた違い…………
地面が波打ち、近くの小学校からは悲鳴が聞こえてきました。

揺れが少し落ち着いた3時過ぎに、何が起こったかの把握をしないまま子供の心配しながら自宅へ…………車が急に横に滑り始め「ん???」
道路が左右に波打ち、車が揺れ街灯も大きく左右に…………二度目の大きい揺れでした。
信号も停電で、大通りは車で溢れていました。

まだ携帯は繋がったのですが、実家に「大丈夫!」というのが精一杯ですぐに繋がらなくなりました。
都内の主人からも着信ありましたがつながらず………帰宅道中に瓦が地面に落ちていたり植木や塀が倒れていたり………沢山の人が外にでて……………

とにかく自転車で園に次男を迎えに行き、小学校へ………
その頃には4時半をまわっていて小雨が、校舎内はガラスも割れて危ないので校庭に子供達が集められていました。
自宅に戻ったら水も電気も使えない!近所ママが「食料と水確保だよ!」
慌てて近所のコンビニへ!
水は無くとりあえず飲み物とすぐ食べられるパンやお菓子を………………停電でレジが使えないために、手計算…………ごった返しのコンビニでも何度も余震があり、留守番中の子供たちのことを気になりつつ…………

陽が落ちるまでにご近所で電池や懐中電灯をお互い貸しあったりして夜に備えました。
防災バックにあったライト付きラジオだけが外との繋がり〜

我が家の旦那さん…………
私は帰宅難民で泊まりだろうと思っていたら、その頃なんとか帰宅しようと歩いていました。
何十にん?もっとの数のサラリーマンの方々と共に無言で一路じたくへともくもくと…………………

真夜中にやっと電気が復旧し安堵して、すぐに携帯充電してテレビをつけて……………驚きました!!!
何が起こったのか????
子供と言葉なく見るしかできず……………

朝の3時過ぎに旦那より迎えにきて欲しいとの連絡があり、毛布にくるまっていた兄弟を車に乗せて家を出ましたが、どうにも進みません。300mの距離進むのに小一時間かかりそうで…………
何とか自分で帰ってきてと連絡して、そして朝の7時頃にやっと家族が揃いました。

その後は水やガソリン食料確保……………

都内に出勤する主人が「ガソリンも心配やし、次に都内出たら帰ってこれないかもしれないから大阪に戻って欲しい」
でも苦しかった〜近所さんは地元なので避難するところがないのに、午前中まで食料の譲り合いをしていたのに……
急に決まって食料を渡しに行くと気持ちよく「帰れる場所があるなら戻った方がいいよ!」と笑顔で言われ〜


二週間ほど実家に居ましたが、まだまだ関東では余震が続きその他の不安ごともあり…………

私が住んでいる近くの体育館も受け入れ場所となっていて、大阪から使えるものをお友達に送り直接運んでもらったり…………関西で過ごしていると、当たり前の様に普通にみんなが生活していて、ビニールシートもなく…………
ふっと現実ではなかったのかなぁ〜

当たり前の生活が、とても恵まれた暮らしであり、家族が居る幸せ、助け合っているから生きられる事。
大切に生きよう…………楽しく生きよう……………今の暮らしに感謝して…………と小さな目標を持った2年前の私。
やはり忘れていた気がします。

よしっ!今から〜切り替えて!!!

本当に辛い思いをされている方々がたくさんいる…………この日のことを忘れない……………













スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://x6002yoko.blog.fc2.com/tb.php/16-942df165